恋声でボイスチェンジャーしてPS4でゲーム実況配信する方法

ゲームの実況配信が盛り上がっている。

人気の配信者はフォロワーが何十万人もいて、月に百万円以上も稼ぐらしい。まったく夢のある話である。

早速、やってみた。

目次

低コストでゲーム実況配信をやる方法

ゲーム実況配信をやると言っても、ちょっと味見したい程度で、本格的に機材を揃えてやるほどの本気度ではない。

そんな好奇心だけ旺盛な方向けのプランがこちらになります。

用意するもの

PS4

都合の良いことに、PS4にはYouTune・twitch・ニコニコ動画で実況配信する機能が備わっていた。インターネット環境があれば今日から始められる。
※通信速度が低いとカクカクしたり止まったりするので注意。

マイクもPS4のコントローラーに備わっているので、最低限の配信環境でいいなら特に用意するものはない。

配信の手順

  1. ゲームを起動して、配信したいところで止めておく
  2. SHAREボタンを押して『ゲームプレイをブロードキャストする』を選択
  3. 配信サービスを選択
    YouTube・twitch・ニコニコ生放送の中から選び、アカウント情報を紐づけする
  4. 各種設定して配信開始
    マイクの音声を含めるとか、配信のタイトルなどの諸々を設定したら『ブロードキャストを始める』で配信開始。スマホやPCで実際の配信状況を確認しながら声量を調整する
  5. 配信を止める
    SHAREボタン→『ブロードキャスト設定』から終了する

ボイスチェンジャーを使って配信する方法

「自分の声が気に入らない」「身バレが心配」「異性の声で配信したい」という方はボイスチェンジャーを使うとよい。

用意するもの

こちらはPS4以外に数点用意するものがある。

1. PC

マイク入力端子とヘッドホン出力端子のあるPC。デスクトップ・ノートどちらでもよい。

2. ボイスチェンジャーソフト

何を使ってもよいが、今回はフリーソフトの恋声』を使用する。恋声でやってみて手応えを感じたなら、有料のハイクオリティなソフトを導入するといいだろう。

3. ヘッドセット

お試しならロジクールの安いやつで問題ない。本格的にやるならゲーミングヘッドセットが無難。

4. USBサウンドカード

サウンドカードはオーディオ音源とマイク音源を分ける機械。マイクで拾った声を、PCを介してPS4に入力するのに必要となる。

クリエイティブ・メディア
¥1,645 (2024/06/14 18:15時点 | Amazon調べ)

5. 接続用ケーブル

PS4・PC・ヘッドセットを接続するためのケーブルが数本必要。

必須

  • 凸凸のオーディオケーブル(両端が挿す形のやつ)

必要な人だけ必要

  • ヘッドセット用変換アダプタケーブル
    ヘッドセットから出ているケーブルが一本の場合は必要。オーディオとマイクで別々に接続できるやつなら不要。
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥737 (2024/06/14 18:15時点 | Amazon調べ)
  • 延長コード
    配置の都合でケーブルが届かない場合に使う

機器の接続

  1. サウンドカードをPS4のUSB端子に挿す(コントローラーを挿すところ)
  2. ヘッドセットのオーディオ端子サウンドカードのオーディオ端子に挿す
    (写真はヘッドセットのケーブルを変換アダプタでオーディオ/マイクに分けている)
  3. ヘッドセットのマイク端子PCのマイク端子に挿す
  4. PCのオーディオ端子サウンドカードのマイク端子をオーディオケーブルで接続

※オーディオ端子は緑色、またはヘッドホンのマーク
※マイク端子は赤色、またはマイクのマーク
※ケーブルが短い場合は延長コードを使う

PS4ボイチェン接続のサンプル画像

恋声の設定

簡単な使用方法だけ説明する。

公式サイト:http://koigoemoe.g2.xrea.com/koigoe/koigoe.html から最新版をダウンロードしてkoigoe(x64).exeを起動。※OSが32bitの方はkoigoe.exe

  1. 方法の選択
    TD-PSOLA(単音向け)→変声のテスト用に
    Phase Vocoder(複数音向け)→実際の実況用に
  2. 開始・停止
    マイクのボタンでボイチェン開始、■のボタンで停止
  3. 声の調整
    Pitch:声の高さ。200を超えると機械音声っぽくなる
    Formant:声質。130を超えると機械音声っぽくなる
    Preset:『M→W』は男声→女声の調整サンプル。『W→M』はその逆。隣の1~4のボタンで調整内容を4つまでセーブ/ロードできる。

※ソフトが声を認識しない場合は、右下の『設定』から『録音デバイス』『再生デバイス』がヘッドセットになっているか確認する。

接続の確認

上記の接続ができたらPCでボイチェンソフトを起動し、PS4に変換された声が入ってくるか確認する。

確認手順

  1. PS4のホーム画面から『設定』→『周辺機器』→『オーディオ機器』と進む
  2. 『入力機器』がUSBヘッドセットになっていれば接続はOK
  3. 『マイクレベルを調整する』を選択し、実際に喋ってみる。ヘッドセットから美少女ボイスが聞こえたらボイチェン成功

※サウンドカード・マイクが認識されない場合は、全て接続した状態でPS4を再起動する
※声が聞こえない場合はPCの音量を上げてみる(デフォルトの音量が非常に小さい場合がある)

実況動画を編集して配信する

「生放送は緊張して普段の実力が出せないッ」という方は、納得いくプレイができた分だけ録画・編集して投稿するとよい。

PS4には録画機能がある

PS4のプレイ中、SHAREボタンから『ビデオクリップを保存する』を選択すると、最大60分まで遡って動画を保存できる。保存する時間は『シェアとブロードキャストの設定』にて。

保存した動画はキャプチャーギャラリーで確認し、そのまま配信サイトにアップも可。

編集する

トリミングだけならPS4でも可能。

本格的な編集をしたい場合はUSBメモリに移し、PCに取り込んでAdobe Premiere Proで編集しよう。

その際、自分の変声と拙いトーク力にすぐさま引退を決意するだろう。ここで投げ出さなかった者、自分と向き合った者にのみ、人気配信者への扉が開けるのだ。

おわりに

以上、PS4でボイチェンしてゲーム実況する方法であった。なお、PS5でも同様にできるだろう。

PS4・PCを除けば3,000~5,000円程度で揃うので、興味のある方は今すぐやってみてほしい。バ美肉おじさんになりたい方は追加でキャプチャーボードと美少女絵の用意を。

ちなみに私は数回配信して辞めた。人に見せるほどの腕も話術もなければ、今後努力していくモチベーションもないためだ。

また、涼宮ハルヒのような声にしたかったのだが、地声が低いためか無理だった。裏声と喋り方の訓練も必要らしく、ボイチェンに夢を見すぎていたようだ。

なんにせよ、いい経験にはなった。やりもしないで文句を言う奴はつまらんからな。この記事が誰かの参考になれば尚浮かばれる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次